MENU

HOME

宿泊事業

飲食事業

不動産事業

その他事業

採用情報

会社案内

RECRUIT

採用情報

社員の働き方

バラット クマール

ホテル/客室清掃
8:30 出勤
清掃員を集め、客室の状況を夜勤スタッフに確認しながら作業の段取りを組みます。入社したての清掃スタッフの中にはあまり日本語を話せない人もいるので、母国語で丁寧に作業指示を出さなければなりません。
9:00 支配人と打ち合わせ
特別な準備が必要な部屋や、特に注意して清掃しなければなければならない部屋などを支配人に確認します。支配人は毎朝スタッフの健康にも気を配ってくれるので、僕にとって日本のお母さんのような存在です。
9:15 清掃開始
このホテルは全室デザインが違うので、掃除が大変です。部屋ごとに掃除の手順やセットする内容が違うため、入社したばかりのスタッフが覚えるまでサポートして回ります。
10:00 フロントとのやり取り
フロントに退室状況を確認しながら、清掃が終わったスタッフに次の部屋へ回るよう指示します。常に効率を考えながら、スタッフを配置できるよう心掛けています。
13:00 清掃チェック
支配人と清掃の終わった部屋をチェックします。その時は完璧にやったつもりでも、後になって冷静に見回すとやり残しが見つかることもあって気が抜けません。お客様が部屋に入った瞬間、良い気分になっていただけるよう毎日全力で清掃に取り組んでいます。
13:30 作業報告
フロントに作業報告をします。修理が必要な箇所や発注が必要なものがある時はその手配を依頼します。最後に今日の宿泊状況を確認し、明日出勤してもらうスタッフを手配します。
14:00 退勤

入社経緯

西洋館の時代から客室清掃。伊東支配人の影響を受け、「Japaneseおもてなし」を地で行くネパール人。まじめで実直な仕事振りで、清掃リーダーとしてスタッフの信頼も厚い。

同僚の声

同僚の声 新館準備室室長 宮澤清志

清掃業務をアウトソーシングしているホテルが多い中で、当館は清掃スタッフを自社雇用しています。バラット君が率いるネパール人チームは、みな愛社精神に溢れ、より良いホテルにしようと懸命に清掃に取り組んでくれ、安心して業務を任せています。外国人の清掃スタッフを教育し、リーダーとして束ねてくれる彼のような存在は、今後益々重要になることでしょう。

ページトップへ戻る